活動内容

中性子物質材料研究センター(以下センター)は、金研全体としての中性子組織として、他機関と連携を結び、物質・材料に対する先端的戦略的中性子利用と、アジアを含む国際的共同利用の推進、および幅広い分野における人材育成を行う。そのために、以下の事業を推進する。

(1)日本原子力研究機構のJRR-3に金研が保有する2台の中性子散乱装置を、世界標準もしくはそれを越える装置にアップグレードする。
(A) 高輝度化、偏極化のため、金研であらたに結晶モノクロメータを開発する。とくに金研内他部門と共同で、集光用湾曲型Si結晶、偏極用Cu2MnAl単結晶育成をおこなう。
(B)人材育成を中心として利用可能な装置(HERMES-E)をJRR-3に新たに設置する。

(2)J-PARCの物質生命研究施設内のパルス中性子実験室内に、東北大学での材料科学の飛躍につながる中性子分光器を施設側と連携して建設する。

(3)(1)と(2)の装置、およびJRR-3やJ-PARCの他の装置を各機関と連携して活用し、中性子ビームを利用した金研独自の物質・材料研究を推進させる。そのため、金研および学内の研究シーズをセンターがまとめ、KEKのS型課題などで統一課題として申請し、J-PARCでの研究をセンターが主体的に進める。そのための学内プラットフォームをセンターが中心となって組織し、研究推進の戦略企画をたてる。

(4)(1)と(2)の装置を全国共同利用に供し、その運営、サポートを行う。

(5)センター内構成員による独自研究を推進する。以下のような主要テーマは、金研独自の物質・材料研究の基礎基盤をなす。
 (A) 先端的複合機能性材料の構造解析法の開発
 (B) 先端的中性子利用のための基盤技術開発
 (C) 複雑系や空間的に制約された格子や磁性体の外場応答と機能性の相関
 (D) 格子や磁性に及ぼす電子相関効果
 (E) 極端条件下における格子や磁性の応答

(6) 中性子による材料科学のPRを学内外にむけておこなう。そのために、パンフレットの発行、センターホームページ整備をおこなう。


研究会・ワークショップ

HANARO-TOHOKU workshop Materials Science Advanced by Neutron Scattering日時:2014年6月26日(木)9:00〜16:50
場所:金研 国際教育研究棟(旧COE棟)セミナー室1
プログラム

東北大学中性子散乱Practical tour


2014年6月2日-4日に東北大学中性子散乱 Practice Tourを開催しました.初心者から中級者向けに散乱実験の基礎の取得と中性子利用の学習を目的として行い,学内の5研究室から20名の参加がありました

活動記録

2014年2月10日第5回運営委員会を開催しました。
2014年2月4日実務委員会を開催しました。
2013年6月12-13日ワークショップ「偏極中性子非弾性散乱の新展開-- J-PARC/POLANO が拓く新しい物質科学 --」を主催しました。
2013年5月13日技術補佐として、南部光江氏がセンターに参加しました。
2013年4月1日折茂教授がセンター長に就任しました。林好一准教授、大河原学技術職員、菅井征二氏がセンター構成員になりました。
2013年2月22日金研運営協議会において、センターのH24年度活動報告とH25年度活動計画を説明しました。
2013年2月20日第4回運営委員会を開催しました。
2013年2月16日実務委員会を開催しました。
2013年1月31日金研外部評価委員会でセンター活動のヒアリングがありました。
2012年12月19日実務委員会を開催しました。
2012年11月26日 金研若手の学校(WAKATE2012)を開催しました
2012年11月12日J-PARC計画の推進についてKEK・東北大の作戦会議を行いました。
2012年11月12日 J-PARCにおいて東北大の中性子散乱装置建設計画の研究会を行いました。
2012年8月1日実務委員会 を開催しました。
2012年6月26日折茂副センター長、野尻運営委員が東海の実験施設を視察しました
2012年6月韓国J-PARCユーザーセンターと協力の覚書を交わしました。
2012年5月2日実務委員会を開催しました。
2012年4月25日韓国大田で韓国中性子関係者と協力についての打合わせを行いました。
2012年4月1日折茂教授が副センター長に就任 しました。
2012年2月15日第3回運営委員会を開催しました。
2012年2月13日学内むけ中性子科学セミナー開催しました。
2011年12月20,21日量子ビーム科学ワークショップを開催しました。
2011年11月18,19日国際ワークショップ開催しました。
ICC-IMR Workshop on Novel Material Science by Neutron Scattering - Polarization analysis & Cross-correlation Method - A Satellite Meeting of 1st Asia-Oceania Conference on Neutron Science
2011年11月20-24日第1回アジアオセアニア中性子国際会議にブース出展しました。
2011年9月1日センター構成員(兼任)が着任しました。
2011年7月14日第2回運営委員会を開催しました。
2011年6月27日J-PARC装置部会(東京)において、提案装置の最終審査を受けました。
2011年1月6-8日国際ワークショップ開催を開催しました。
「 IMR-ICC Workshop on Novel Material Science using Polarized Neutron 」
2010年11月5日第2回センターセミナーを行いました。
「 材料工学研究における中性子回折法の役割 」 鈴木裕士氏(JAEA)
2010年10月25日第1回運営委員会を開催しました。
2010年10月12日本所および東北大の事務関係者がJ-PARCを視察しました。
2010年10月7日総長ヒアリングで「特色ある取り組み」のひとつとして、中性子センターの位置づけをご説明頂きました。(新家所長)
9月高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所と金研の間で協力の覚え書きを締結しました。
6月9日中性子物質材料研究センターセミナー「鉄系超伝導研究の最前線と今後の課題」を開催しました。
2010年5月15日J-PARC装置提案がJ-PARC一次審査に合格しました。
2010年5月公式ホームページを開設しました。
2010年4月1日センターが正式に発足しました。